投稿日:2023年8月17日

解体工事の歴史は明治時代まで遡る!

こんにちは!
茨城県土浦市に拠点を構え、東京都や埼玉県・千葉県などで、解体工事のご依頼を承っております。
解体業者の、株式会社DCIです。
今回は「解体工事の歴史」についてご紹介いたします。
解体工事が専門職として確立したのは明治時代からだといわれています。
解体工事の歴史や、明治時代以前の解体業はどのようなものだったのでしょうか?
ぜひ最後までご覧ください!

解体工事の始まりは明治時代?

解体した家屋
解体工事が専門職として誕生したのは、明治時代初期からといわれています。
それ以前は、大工さんや個人が家族総出で解体を行っていたようです。
戦後の復興や、社会環境が変化していったことで解体する家の量が増えて、解体専門の業者が求められました。
1990年代以降に、建築工事の一環として解体工事が認識されるようになります。
高度成長期に建設された建物が更新時期を迎えており、現在でも解体工事の件数は増加しています。

明治時代以前の解体工事は?

上記でも少し触れたように、明治時代以前は素人の人たちが、バールを使って手作業で解体を行っていました。
家族や親戚、近所の人たちの協力を得て行っていたといいます。
当時は、解体現場から発生した木材や瓦礫、畳、建具などは一般に販売されており、ホームセンター的な役割も担っていました。
それは、当時木材が高価なもので木材不足であったため、中古であっても貴重な材料だったからです。
そのため、少しでも再利用できるよう「壊す解体」ではなく「取り外す」といった解体をしていました。
再利用できない廃材は、空き地などで野焼きをして処分をしていたのです。

解体工事の新規ご依頼を募集しております!

@と手紙と受話器のマーク
弊社は、東京都・茨城県・千葉県・埼玉県、その他周辺地域の解体工事のご依頼を承り中です。
X線透過撮影やダイヤモンドコア穿孔工事・内装解体・多能工など、さまざまな業務に対応しております。
豊富な経験と確かな技術力を駆使して、高品質な施工サービスをご提供できるでしょう。
解体工事に関するご相談やご依頼は、サイト内のお問い合わせフォームからお気軽にお寄せください。

【求人】解体工事のプロを目指しませんか?

株式会社DCIは、解体工事に携わる新たな仲間を募集中です。
未経験の方に最初から難しい業務をお任せすることはありません。
入社後は、材料運びなどの簡単な作業から担当していただきます。
斫り・毀し工事・各種アンカー工事など、さまざまな工事の知識を身につけられるのが強みです。
解体工事に興味がある方や、建設業界に関わりたい方は、ぜひご応募ください。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

お問い合わせ

ダイヤモンドコア穿孔工事は茨城県土浦市の株式会社DCI|解体工求人
株式会社DCI
【本社】
〒300-0821 茨城県土浦市蓮河原新町1-30-604
TEL:029-886-5956 FAX:029-886-5957
【営業所】
〒300-0032 茨城県土浦市湖北1丁目7-12
TEL:080-1002-9821
※営業電話お断り


関連記事

【求人】株式会社DCIのいいところ!厳選してご紹介!

【求人】株式会社DCIのいいところ!厳選…

建設業界での新たなキャリアをお考えの皆様、株式会社DCIで私たちと一緒に成長しませんか? 茨城県土浦 …

【建設業の求人】解体工事の現場で活躍しませんか?

【建設業の求人】解体工事の現場で活躍しま…

「せっかくならやりがいを感じながら働きたい」 弊社であれば、このような方の想いに応えることができます …

【内装解体工事にチャレンジ】未経験から始められる求人情報!

【内装解体工事にチャレンジ】未経験から始…

株式会社DCIは、茨城県土浦市を拠点に活動し、東京都、千葉県、埼玉県、茨城県といった広範囲で内装解体 …

お問い合わせ  採用情報